療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2017.12.15

ビタミン不足の症状は?不足ビタミンは「顔」でわかる!

身体のビタミンが不足すると、簡単に発見できる症状となって「顔」に表れます。

バランスのとれた健康的な食生活を送っていると、様々な症状やトラブルを防ぐことができるものです。

肌の調子が良くないなと思ったら、身体が発しているサインに従って必要な栄養を摂ることが大切になってきます。

 

今回は「顔」の症状から不足しているビタミンを知る方法についてのお話しです。

7b4956c58a213232baca20833f730e03_s

 

不足しているビタミンがわかる5つの症状

ビタミンが不足していると、様々な体の不調が症状として出てきます。

中でも症状がはっきりと現れるのが「顔」です。

顔に現れる症状によってどのビタミンが不足しているのかわかります。

今回は顔に現れる5つの症状から、どのビタミンが不足しているのかを見ていきましょう。

 

 

1・青白い肌

普段はそんなことがないのに肌がとても青白くなっている場合は、ビタミンB12が不足しているのかもしれません。

ビタミンB12が不足すると、気分が落ち込んだり疲れたりといった症状が出ます。

 

また、ビタミンB12が足りないと体内にアミノ酸が蓄積します。

これによって、動脈がダメージを受けたり、血管が詰まったりするリスクが高まります。

心血管に問題のある方には特に危険となるでしょう。

 

<解決策>

体内のビタミンB12値を高めるためには、肉類や魚介類の摂取量を増やすようにしましょう。

ビタミンB12を多く含む食材には、以下のようなものがあります。

・貝類
・肉
・魚
・レバーなど

 

 

2・乾燥しきった髪

髪が乾燥して弱くなったりふけが出たりするならば、ビタミンB7としても知られるビオチンが不足しているのかもしれません。

このビタミン不足は、抗生物質をとった後によく起こります。

 

ビタミンB7は腸内細菌によって体内で合成され、たいてい必要な量は十分に作られるのですが、時にはうまく作られないこともあります。

 

<解決策 >

体内のビタミンB7を増やすためには、以下のような食材をとるよう心掛けましょう

・肉
・魚
・野菜
・フルーツ
・きのこ類
・豆類など

 

ダイエットをしている場合は、さらにビタミン不足になる場合があるため一時中断して、しっかりとバランスの良い食事をするようにしましょう。

 

また、オメガ3脂肪酸を摂取することもとても効果的です。

エラスチンの生成を増やすことで、髪の乾燥を防ぎ、ツヤのある髪にすることができます。

脂肪酸は網膜の形成にも関係しています。

そのため、目の健康にも効果があり、免疫機能を整えるはたらきもあるのです。

 

オメガ3を十分に摂るためには、クルミや青魚をしっかり食べるようにしましょう。

 

 

3・まぶたのむくみ

まぶた全体がむくんでいるならばヨウ素不足かもしれません。

ヨウ素が欠乏すると甲状腺機能低下が起こることでむくみの症状が出ます。

他にも、脈拍低下や爪や髪などのツヤが無くなるといった症状が現れます。

 

<解決策>

ヨウ素不足の場合は、以下のようなミネラルが豊富な食材をとるように心がけましょう。

・魚介類(エビなど)
・海藻
・乳製品
・パン
・ヨウ素添加食塩など

 

ただし、ヨウ素を摂り過ぎても甲状腺機能低下症、甲状腺腫、甲状腺中毒症が起こるので、食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

4・血色の悪い唇

唇の色が青白いならば、それは鉄分不足、つまり貧血によるものかもしれません。

貧血の他の症状には、風邪をよく引くことや、低血圧などがあります。

 

しかし、貧血につながることもある鉄分不足で最も一般的な症状は疲労感です。

貧血が起こるのは、血中のヘモグロビン量が不十分になったときです。

ヘモグロビンとは鉄分の豊富なたんぱく質で、体中に酸素を運ぶ役割をする赤血球にみられます。

 

<解決策>

体内の鉄分を増やすためには、赤身の肉を食べ、カルシウムを多く含む食品は一時的に控えましょう。

カルシウムは鉄分の吸収を妨げ、効果を低減させてしまいます。

 

 

5.歯茎の出血

歯茎からの出血が多いならば、身体にビタミンCが不足しているのかもしれません。

ビタミンCが不足すると、結果として免疫機能が弱まってしまうことがあるため、ビタミンC不足には特に注意が必要です。

 

また、ビタミンC不足は以下の症状を引き起こすこともあります。

・筋肉や骨の痛み
・歯に関するトラブル

 

<解決策>

ビタミンCは柑橘類や唐辛子をはじめとする様々な食材に含まれています。

ビタミンCが多く含まれている食材は以下のようなものです。

・フルーツ
・唐辛子
・野菜
・海苔など

 

また、乳製品は口内に害を及ぼす酸性値を下げてくれるため、乳製品も併せて摂取すると良いでしょう。

 

 

ビタミン不足だけではなく肝臓や腎臓の症状が顔に現れることも

顔に現れる症状はビタミン不足だけではなく、肝臓や腎臓に症状が起きてる場合にも出てくる可能性があります。

 

 

肝臓に異常がある場合

肝臓が悪いことに起因する顔色の変化は「黄疸(おうだん)」が最も多い症状です。

この黄疸と言うのはまず白目の部分が黄色に染まり、次いで皮膚も黄色くなってくる症状です。

顔が黄色くなる症状にはミカンの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる柑皮症(かんぴしょう)や高齢者の白目部分への脂肪沈着がありますが、黄疸は目の結膜が強く染まるのに対して他に原因がある場合は結膜はそれほど強く染まりません。

 

 

腎臓に異常がある場合

腎臓に症状がある方の顔色は、肌色ではなく黒色に見えることが多いです。

腎不全などになると腎臓の機能が低下してしまい、血液を上手にろ過出来なくなってしまいます。

そうすると体に老廃物が蓄積されてしまうので、その影響によって顔色が黒くなってしまいます。

目やまぶた周辺が黒く見えることが多いのが特徴で、ホルモン分泌量が衰えることが原因でもあります。

目の周りや顔色が黒くなってきたら、それは腎不全などの病気のサインとなります。

 

 

その他の症状

顔色の変化以外にも髪の毛が抜けやすくなる症状が現れることもあります。

体の免疫力が低下している状態なので、発症と同時に抜け毛が増えてしまうこともあります。

 

 

不足ビタミンチェックで効率よくビタミン補給!

顔の症状から不足しているビタミンを知る方法についてご紹介しましたが、当てはまるものはありましたか?

上記の顔色やサインのどれかが出た際は注意し、是非不足しているビタミンを積極的に摂取するようにしてください!

 

また、顔の症状からわかるのは、ビタミン不足だけではありません。

腎臓や肝臓などの不調も顔に現れるので、症状が出た場合は早めに病院で見てもらうようにしましょう。

 

 

管理栄養士と連携可能な整骨院

札幌市北区 麻生の整骨院 療整院 麻生店
札幌市厚別区 新札幌の整骨院 療整院 新札幌店
札幌市豊平区 平岸の整骨院 療整院 平岸店
札幌市北区 屯田の整骨院 療整院 屯田店
札幌市中央区の整骨院 療整院 中央店
札幌市西区発寒の整骨院 療整院 宮の沢店
札幌市東区の整骨院 療整院 栄町店
札幌市清田区の整骨院 療整院 美しが丘店
札幌市円山エリアの整骨院 療整院 円山店
江別市野幌町に整骨院 療整院 野幌店

 

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識
  • NPO法人ナスターレース
  • 札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC
  • 札幌市北区 教育系キッズストリートダンス クラブエクステンション
  • アシイク アフロス L.WAVE
  • リベルタサッカースクール
  • NPO法人ナスターレース
  • 札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC
  • 札幌市北区 教育系キッズストリートダンス クラブエクステンション
  • アシイク アフロス L.WAVE
  • リベルタサッカースクール