療整院のロゴ
 
BLOG
療整院から院内・院外の情報を
お届けいたします。

2019.11.27

運動不足は万病のもと!?

4de748a474925dffab27befd8704129e_m

若いころは大丈夫かもしれません。
中高年と呼ばれる年代に足を踏み入れると、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞といった生活習慣病の発症リスクが高まります。ですので、こうした重篤度の高い病気を発症させないためにも適度な運動を習慣化する必要があります!

そんな毎日忙しく過ごされている方にオススメしたい運動が「つま先立ち」です。このつま先立ちはとっても簡単で自宅や職場でも行なうことができます。また、つま先立ちは継続しやすく、しかも健康効果も非常に優れています。

つま先立ち運動をするとどうなるか?

冬になり寒くなると、運動を意識的にやらなくなる傾向が強くなります。
年齢ともに足を使って動き回る事が少なくなり、家にいる時間が長くなる人が多いと思います。
体を動かさないと血行が悪くなる。
血液は、心臓だけに頼って血液を体に送っていません。第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」を使って足に流れた血液を心臓に押し上げている。その意味合いで「ふくらはぎ」を使う運動を意識的にする事で血行を改善し、健康を増進させる効果があります。
つま先立ち運動は誰にでも出来る第二の心臓を鍛え、血行を良くする!
つま先立ちは、我々人間の体を支える筋肉・遅筋繊維(赤筋)を効率よく鍛える運動です。つま先立ちを繰り返す事によって、体重の4倍の負荷が下半身にかかるので血液の循環が自然と良くなります。
そして、ふくらはぎの筋肉が鍛えられるのと同時に、日常生活で使われることが極端に少ないお尻の筋肉(殿筋)やすねの前面にある前脛骨筋、そして、腹筋も鍛えられます。ただし、いきなり最初から沢山つま先立ちをすればつま先を痛めてしまいます。
これでは逆効果なので、最初は5~10分くらいから「つま先立ち」をゆっくり繰り返す、ある程度慣れてきたところで、徐々に時間を延ばすと良いでしょう。

継続するポイントは無理をしない

いくらつま先立ちが効果が高いといっても、無理をして、筋肉やアキレス腱を痛めてしまったりしては元も子もありません。
つま先立ちをした後にアキレス腱などを伸ばすストレッチを行なうことによって、体を痛めることなく、より効果を高めることが出来ます。
もし脚が痛かったり、悪くてつま先立ちが出来ない方や、靴裏の片側が減るのが気になる方、長時間立っていることが多い方、外反母趾・変形等が気になる方など、姿勢や骨盤のバランスを改善されたい方にオススメなインソールがあります!

下記のサイトを押すとそのインソールが見れますので、是非チェックしてみてください!
プロゴルファーの石川遼選手にも常に使用して頂いております!

IMG_0448
http://arts-generation.com

関連記事
  • アーツの製品ブランドAPHROS(アフロス)
  • アーツのオンラインショップ
  • 健康と美容の豆知識
  • NPO法人ナスターレース
  • 札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC
  • 札幌市北区 教育系キッズストリートダンス クラブエクステンション
  • アシイク アフロス L.WAVE
  • リベルタサッカースクール
  • NPO法人ナスターレース
  • 札幌市北区の少年サッカー クラブチーム(U-15/U-12) L-WAVE.FC
  • 札幌市北区 教育系キッズストリートダンス クラブエクステンション
  • アシイク アフロス L.WAVE
  • リベルタサッカースクール